エステ 解約 クレーム 被害者

エステの脱毛って本当はコワイの?!解約のクレーム

エステの脱毛の問題点は?

 

 

「出力が弱く、満足いく結果が得られない!」

 

脱元は【医療行為】になります、医師免許を持たないエステが一定出力以上の脱毛行為は出来ないのです。
この法律の為、光の出力を下げて処理している為、満足いく結果が得られないのです。

 

500円や1,000円で脱毛していたらお店が倒産します!

 

これは「客寄せ価格」で来店したお客様を勧誘し、数十万円の長期契約をして頂くのが目的の様です。

 

 

噂では聞いたけど

  • 「菌が移るの!? 怖いね」
  • 目に見えない菌がたくさん付着していたら?
  • 前の人がアンダーヘアに使用していたら?
  • 他人の毛が付着していたら?
  •  

    なんて考えると怖いですね!

 

 

新聞に「美容クリニック解約のクレーム」の記事がありました。

 

 

被害者は若い男女が多いようです、気をつけたいものですね。

 

 

 

クレームの内容は

 

レーザー脱毛などの施術は非常に高額で結局、支払いに困ってしまったとのこと。

 

 

美容クリニックによる強引な契約によるトラブルが相次いでいるようです。

 

 

 

ある例では

 

20代女性が街で声をかけられて、6回の脱毛サービスを契約してしまいました。

 

そして5回目の施術が終わると「これ以上の効果はないので、美容クリニックのカウンセリングを受けたほうが良いですよ」
と勧められました。

 

断りきれずにクリニックに行くとなんの説明もないまま「何時でも解約できる」と言われ、
契約書とクレジットの申込み書を書かされました。

 

 

 

エステテイックサロンは一定の条件さえ満たしていればクーリングオフできますが、
クリニックの医療行為は特定商取引法の対象外に成るために、クーリングオフ出来ません。

 

その為に、解約するには交渉が必要となります。

 

 

国民生活センターによると、このような被害者が結構多いのが若年層の女性で67%、男性も30%以上あり、特に20歳代の相談が6割を占めています。

 

男性の大半は「包茎手術」に関するものです。

 

女性の場合の施術内容別では「医療脱毛・脂肪吸引・シミ取り」などが目立ちます。

 

 

キャンセルを申し出ると「キャンセルできない」と書面を渡される場合、又は「高額なキャンセル料」を請求されるケースも有リます。

 

 

一旦契約すると、解約・返金が難しいことを知っておき、安易に契約しないことが大切です。

 

 

そんな時に高性能な家庭用脱毛器が有ったら自宅で、自分で処理できると嬉しいですね!

楽天で売れ行きNO1の家庭用脱毛・美顔器

今なら、特別価格 73,800円(税込)、送料・代引き手数料無料!

 

楽天家電約198万品目でランキング第1位!「ケノン(イーモリジュ)」